小規模多機能型居宅介護とは、「通い(デイサービス)」を中心に短期間の「宿泊(ショートステイ)」や自宅に訪問して介護を提供する「訪問介護」を、一つの事業所で行う地域密着の在宅サービスの一つです。
小規模多機能型居宅介護へ転職することは、自身のスキルアップを目指す大きなメリットになります。
なぜなら小規模多機能型居宅介護は、一つの事業所で「通い・泊り・訪問介護」のサービスを複合的に提供しているので、一度にそれぞれの介護サービスの考え方や仕組み・方法が学べるからです。
しかし視点を変えると、一つの事業所で「通い・泊り・訪問介護」の複合的なサービスを提供するので、一人で複数の業務を担当することになります。
従事しているスタッフ人員は、余裕をもって配置されている事業所は多くありません。
突発的な事が起きると、手分けをして業務にあたることが出来なくなってしまい、業務量が増える傾向にあります。
介護の世界で、突発的なことやハプニングが起きないことはありません。
ですので、何か起きてもすぐに対応出来るように、普段からケアマネや看護師などの他職種と情報共有やコミュニケーションを取っておくことが重要です。
しっかりと情報伝達しておくことで、突発的な出来事が起こった時も対処しやすくなったり、ハプニングの芽を事前に摘み取ることも可能になってきます。
小規模多機能型居宅介護への転職は、他職種との連携が重要になります。
普段からコミュニケーションを意識しておくことが、転職後のデメリットを軽減出来るキモと言えそうです。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2020 複合的なケアサービス. All Rights Reserved